Flask Docker GCPで顔認識API, 1

Rakuten AI APIコンテスト向けに作ったAPI/アプリの開発手順を書いておきます。 目的: クラウドとDockerを使った機械学習API/アプリ開発 ツール等: Python, Flask, Docker, Google Cloud Platform 仕様: 入力した写真から顔を読み取り、自動で顔部分にモザイク処理 完成形のイメージはこんな感じです。 ローカル環境で顔認識とモザイク処理を行うアプリ部分の開発を進めて、Dockerで丸っとそのままGCPに乗せる感じです。 まずはローカル環境で動作するアプリをFlaskで作っていきます。大まかな流れとしては1. POSTメソッドでHTTPリクエストを受け取る2. 受け取った画像ファイルをバイナリに変換3. mosaic関数で顔部分を縮小、拡大することでモザイク処理4. モザイク処理後の画像をストレージに書き出し5. アプリの場合は画像のURL、APIの場合はバイナリデータを返す 下のコードがこの処理を行っている部分です。 残りのコードはGithubに載せておきました。 https://github.com/inuinana/auto_face_pixelator … Read More ›

インスタ映え判定アプリ: Instafly
Photogenic evaluation app: Instafly

  ↓ English below↓   2017年、流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」 うちのおばあちゃんも知ってるほど流行ってます。   その正体を解き明かすために、自分が撮った写真をAIが「インスタ映え」しているか判断するアプリ Instaflyを遊びと勉強半々で作ってみました。       そもそもインスタ映えとはなんなのか。景色、食べ物、人、どんな写真を撮ればインスタ映えするのか。わけがわかりません。 最近ではどこへ行っても写真を撮るときに「これインスタ映えするやつ」と言いながら撮っている人達の声が聞こえてきます。   この記事によると、インスタ映えとは「おしゃれ」、「かわいい」、「カラフル」、「統一感」等色々な要素が組み合わさった上でInstagramに投稿された写真のことを指すようです。   筆者の思うインスタ映えする写真   しかし街中で見かける人たちが必ずしもそういった写真ばっかり撮られているようには見えません。人、被写体によってインスタ映えする定義はそれぞれ違いそうです。 じゃあどうすればインスタ映えの定義を分かりやすくできるんでしょうか。考えました。     そこでもう一つの流行り物、AIの出番です。 … Read More ›